Blue Practice株式会社 Blue Practice株式会社 Blue Practice株式会社 Blue Practice株式会社

Blue Practice株式会社 Blue Practice について

テクノロジーの進化に伴い求められる精度

先進的医療機器と医療デバイスを駆使した最新の医療の実践技術(“Practice“)は、人の健康寿命を支えるうえでその重要度が加速度的に増していくことでしょう。そして、テクノロジーの進化に伴い治療方法や手術技法は日進月歩の発展を続けていきます。しかし、治療対象は生命を宿すヒトの体であることには変わりはありません。治療に臨む際にそれが熟練した専門医の手技であれ、先進の医療ロボットのスマートアームであれ、人体にかかる影響を限りなく考慮した処置が必要となることに変わりはありません。そして、それはこれまで以上の精度が求められるようになる。私たちはそう考えています。

Blue Practice株式会社

リアリティのある治療シミュレーションやトレーニング 
そして 精度を追求した医療機器テストのプラットフォーム

Blue Practiceは内閣府が推進する革新的研究開発推進プログラム/ImPACT*1に2016年に採択され2019年に世界に先駆けその成果が発表された「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」での技術開発の取り組みを基に創業しました。ヒトの器官や血管の特性を限りなく実物に近づけて人工的に再現する技術を応用し、医療現場においてはリアリティのある治療シミュレーションやトレーニング、また医療機器開発においては精度を追求した製品テストのプラットフォームを提供いたします。

Blue Practice株式会社

ImPACTプロジェクト/バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命に関する詳細は以下YouTubeで公開されています。

yt

日経産業新聞 2019年5月20日

Blue Practice株式会社

Blue Practice株式会社 Blue Practice プロダクト

100%の成功が求められる医療現場での実践(”Practice

PVA-H(ポリビニールアルコール ハイドロゲル)を用いた特殊製法で血管を再現

Blue Practiceの製品とソリューションの中核をなすのは、PVA-H(ポリビニールアルコール ハイドロゲル)という合成樹脂を用いた特殊な製法により実現された、ヒトの血管の厚さ、動的粘弾性(硬さ/柔らかさ)、摩擦(滑り感)を極めて正確に再現した血管モデルです**。血管モデルの形状については、各パッケージ毎の用途に合わせた標準形状が含まれますが、血管治療シミュレーションパッケージと医療機器試験用パッケージにおいては具体症例に合わせた個別形状モデルの作成に対応可能です。

**その質感の再現性は複数の専門医による医療デバイスを用いた試験によって実証されました。

Blue Practice株式会社

目的や精度の異なるマイクロセンサをビルトイン

各パッケージの用途に合わせて、血管モデルには目的や精度の異なるマイクロセンサが組み込まれます。それらのセンサにより血管内部に加わる圧力、血管壁の変位や血管壁にかかる応力を数値的に可視化することが可能となります。センサにより収集したデータの表示、分析、レポートのためのソフトウェアがバンドルされます。

Blue Practice株式会社

簡易なセットアップツールを標準装備

Blue Practiceではこれらのセンサ組込みモデルを使用するための簡易なセットアップツールを標準でご提供します。それによりセットアップ負荷を抑えて、利用ケース(設置場所や時間)を問わず使用できる環境をご提供します。

Blue Practice株式会社
Blue Practice株式会社

Blue Practiceでは血管治療用プロダクトとして3種類の製品パッケージをご提供します

copyright© Blue Practice株式会社 all right reserved.